ニキビの原因・仕組みを知って対策をたてよう!

なかなか治らない大人ニキビにも!

画像

ニキビにも種類がある

実はニキビと一口に言っても様々な状態に分類することができます。
読んでくと、何となく分かることもあるかと思いますが、敢えて基本から順番に説明したいと思います。

まず、ニキビの第一段階ともいえるのが白いニキビですね。
皮脂が毛穴に詰まってしまう、つまり、皮脂の出口がなくなってしまう訳です。
当然、出口が無くなってしまえば、その後から分泌された皮脂はどんどん行き場を失ってしまいます。
こうなると皮脂が蓄積されて毛穴が肥大してしまう訳です。
結果的に皮膚が外から見ても膨れ上がった状態になります。
この状態が、ついついつぶしたくなってしまう「あの状態」です。
医療用語を用いれば、この状態は閉鎖面皰(へいさめんぽう)と呼ばれています。
白く見えているのは皮脂だけでなく、角質も混ざったもの。
ニキビとしては第一段階と言われる初期症状です。
つぶしてはいけないと言われるのは、細菌が悪影響を及ぼして悪化する可能性があるからです。

この白いニキビから悪化すると、表面が黒くなってくることがあります。
表面が酸化することで、この状態が生まれます。
酸化というのは、いわば腐ってしまっているような状態です。
こうなると、最悪の場合、色素沈着してしまうケースもあるので、早めにケアで改善したいところですね。
この状態は医学用語を用いると解放面皰や黒色面皰と呼ばれます。

さらに、これ以外にも毛穴に溜まってしまっている皮脂をエサに細菌が繁殖してしまうケースがあります。
そうなると、ニキビが炎症を起こして赤く腫れてしまいます。
医学的には、丘疹と呼ばれる状態です。

赤いニキビは痛みや膿を伴っていることもあるので注意が必要。
これは膿疱とも呼ばれます。
この症状まで悪化してしまうと、自己流のケアや自宅でのケアでは解消するのが難しいかもしれません。
早めに病院に行くようにしましょう。
この状態を放置したり、自己流で無理にケアしようとするとニキビ跡が残ってしまう原因になります。

これらのニキビは一見、大体同じような症状に見えるかも知れませんが、それぞれに適切な対処方法は違うと言われています。
もちろん、基本となるスキンケアは同じですが、治療するとなると、その方法が異なってくるのです。

また、上記したニキビの重度は実は私が考えたものではなく、世界的に基準化されているものです。
しっかりと頭に入れておけば、ニキビの状態把握とスキンケアの実践にも役立つでしょう。

一貫して言えることは、少しでも早くケアに取り組むことです。

Copyright© 2009 Acne Pimple Ranking All Rights Reserved.