ニキビの原因・仕組みを知って対策をたてよう!

なかなか治らない大人ニキビにも!

画像

ニキビの原因と食べ物

ニキビの原因は基本的には皮脂の分泌と毛穴の詰りだと言われています。
では、皮脂の分泌は何が原因で増えてしまうのでしょうか? 思春期の場合はホルモンの分泌量が増えることによって皮脂も沢山分泌されるようになると言われていますが、大人の場合は? 原因は様々ですが、その中でも特に食事習慣が関係していると考えられるでしょう。

例えば、ナッツなどの豆類やチョコレート(原材料はカカオ豆)などを食べたときにニキビができたという人もいらっしゃるかと思います。
豆がニキビの原因となる明確なメカニズムはまだ解明されていないのですが、やはり食事や食べ物と皮脂の分泌量が関係していることから、原因となると考えられるとされています。
もちろん豆ではなくても、脂分が多い食事を摂ると皮脂の分泌も比例して多くなると考えられるでしょう。
肉類やナッツ類などの脂分の多い食事、ケーキやお菓子などの糖分の多いものはニキビ予防の観点から考えると、あまりおすすめできません。

もちろん全く食べないのが理想的ですが、少量や適度な量であれば食べても問題ありません。
ほどほどを目安に心がけましょう。

糖類の多い食事や油分の多い食事以外にも刺激物が原因となることも多いようです。
例えば、珈琲(コーヒー)も避けた方が良いケースがあります。
ご存じの様にコーヒーにはカフェインが入っています。
これが刺激となって皮脂の分泌を促進させてしまうことがあるようです。
また、スパイスが効いている料理も出来るだけ食べないようにするとニキビの改善には良い影響があるかも知れません。

この他に例を挙げるとすれば、カップ麺やレトルト食品などは避けたいところ。
これらの食べ物は添加物が多いのです。
スナック菓子なども添加物が多いのでニキビの原因になりがち。
添加物は体に様々な悪影響をもたらしてしまいます。
特に炎症が引き起こされている「赤いニキビ」がさらに悪化することになってしまうケースがあるので、同じニキビでも特に赤ニキビの場合は添加物を避けましょう。
出来るだけ、自分で作った料理を食べるようにしたいですね。

ニキビ改善には様々な方法がありますが、できれば上記のような食べ物は食べないように心がけてみてください。
そうすることで、ニキビを改善するスピードや効果実感の効率が非常に高くなると思います。
食事のバランスを三食を通して考えるというのは時間の関係上、難しいということもあるかと思います。
その場合は出来る範囲でOKです。
例えば、お菓子は避けるなど・・・
食生活を変えてニキビを改善しましょう!

Copyright© 2009 Acne Pimple Ranking All Rights Reserved.